記事一覧

失敗をしないために

女性

早めの予約も必要な時期があります

引越しをすると決まった時から始めることと、決まってからするべきことがありますので、覚えておくべきです。引越し間近になってから慌てて行動すると、うっかり忘れ物をしてしまうなどの危険性も出て来ますので、準備をすることで余裕の行動が出来ます。準備一番目として賃貸物件に住んでいる時には、大家さんもしくは管理会社に申し出ることになります。途中解約の場合には、何日前までに連絡を入れるようにと契約されていることが多く、その時期を間違わないようにしましょう。連絡が遅くなったことで、家賃を余分に払う必要が出て来る可能性もありますので、注意が必要です。次にしておくべきことが、運送屋さんの手配です。準備の二番目には引越し希望日に配送が出来ないことがないように、予め運送屋さんの手配をするべきです。この運送屋さんを決める時は早めに予約を入れることが、料金を安く出来る方法でもあります。また運送屋さんの忙しい時期である4月頃では、予約も難しく費用も高くなると知っておきましょう。出来ればこの時期を外して引越しをすることが、費用を浮かす方法にも繋がります。引越し荷物の量も考えることになり、大量にある場合は大手の運送屋さんの利用が便利になり、独身男性一人の時には、町の運送店などの利用が料金的に手頃になると考えられます。三番目の準備として引越しの数週間前には、役所に対し転出届などを出し、印鑑登録の廃止も行います。また電気・ガス・水道、そして郵便や電話など関連する役所や企業に住所が変わる旨の連絡を入れます。更に子供さんが学校に通っている場合には、転退学通知や在学証明書などの交付をしてもらいます。引越しにはすることがたくさん出て来ます。荷物を整理するだけで相当な労力も必要になり、出来るだけ余裕を持って引っ越し作業が出来るようにすべきです。

Copyright© 2019 計画的に作業をするために、チェックリストを作成しよう All Rights Reserved.