記事一覧

女性

失敗をしないために

引越しを決めた時には、その準備をキチンとしておきましょう。時間が少なくなり慌ててしまうことが、うっかりとした失敗をしてしまう原因にもなります。予めすることをメモをして、忘れ物のないようにするようにしましょう。

詳しく見る

ダンボール

業者への依頼

引越しをする場合トータル的に見ると、費用はかかりますが業者に依頼した方がベターな選択と言えます。その際の準備として一括査定サイトなどを利用した費用の安い優良な業者の絞り込みや、運ぶ荷物のリスト化などの準備が必要となります。

詳しく見る

	男性作業員

見積もりを取ろう

引越しの準備は業者に依頼するところから始まります。自力で荷物を運ぶことができないのなら、業者に任せた方が楽です。ただし、業者といってもたくさんあるので比較してみましょう。複数の業者から見積もりを取って比較することもできます。

詳しく見る

ダンボール

業者選びの基本

インターネットから複数の引越し業者から無料見積りを取ることができます。引越しの準備段階の基本であり、料金やサービス内容を比較することができます。場合によっては業者のスタッフが自宅まで営業に来ることもあります。

詳しく見る

女性

やることをリストにする

就職や転勤や進学なので引越しするには、やることをリスト化しておいて手落ちがないように準備しておくことです。そして物件を探すのは賃貸サイトを活用すると全国の物件を探すことができます。また引越し屋も複数の業者から、見積を取ることです。

詳しく見る

希望の日時に訪問します

トラックの模型

使用頻度の少ない物から梱包します

賃貸物件に入居を予定している人は、早めに引越しの準備をしなければなりません。数多くの専門業者が存在するため、料金の安さだけでなく、スタッフの対応が丁寧だったり、サービス内容が充実している所がお勧めです。単身者の場合は荷物が少ないので、ファミリーや夫婦、カップルよりも費用を抑えることが出来ます。マンションやアパートで生活をしている人は、早めに賃貸契約の解除をしなければなりません。遅くても一か月前には、大家さんに伝えておく必要があります。専門業者に電話で申し込みをしたら、スタッフが梱包用の段ボールを手配してくれます。化粧品やヘアケア用品、衣類などは引越し当日も必要です。引越しの準備をする時は、使用頻度の少ない物から梱包を始めると良いでしょう。お皿やお茶碗、コップなどの割れやすい物は、新聞紙で巻いたり、クッションになる物を詰めておいたりすると安心です。預金通帳や証券類、印鑑、現金などの貴重品は、別に保管をしておく必要があります。専門業者のスタッフは、希望の日時に訪問をして、トラックに荷物を積んでくれます。遠方に引越しをする場合は、旧居の近隣に挨拶をしておく必要があります。500円から、1000円程度のお菓子や日用品などを、事前に準備をしておくと安心です。電気やガス、水道、携帯電話、固定電話などの変更手続きも行うことが大事です。引越しの前はやることがたくさんあるので、チェックリストを製作しておくのをお勧めします。当日になって慌てることがないように、事前に準備をしておきましょう。

Copyright© 2019 計画的に作業をするために、チェックリストを作成しよう All Rights Reserved.